オホーツク紋別フィルムコミッション
  ホーム  

OMFCについて

設立趣旨

紋別港オホーツク地域に住む私達のほとんどは、この地域に愛着を持っていると思います。
流氷で覆われた冬のオホーツク海や、北海道の醍醐味を存分に味わえる山々など、誰でも心和む記憶があることでしょう。
オホーツクの奥深い魅力は、北海道の中においても特別な風景であり、一度訪れると二度と忘れられない風景だと思います。
富良野での「北の国から」(テレビドラマ)が全国的に有名となり、大勢の観光客が押し寄せたように、このオホーツクにおいてもその魅力は負けてはいないのです。

オムサロ原生花園「フィルムコミッション(FC)」とは、国内外の映画、TVドラマ、CM等のロケーションを誘致し、オホーツクの景観を映像で発信し、オホーツクの知名度の向上や地域の魅力の再発見することです。
この地域の各団体や個人が映画製作等に寄与することで、多くの人的交流が生まれ、経済・文化・生活等あらゆる面で新しい刺激が生まれ、観光宣伝にも役立つことが大いに期待できます。
ロケ隊の滞在による経済効果や雇用の創出、新しい文化や産業が生まれる可能性もあるのです。

オホーツク紋別FCは、「オホーツクの風景を売り込むこと」をテーマに活動し、オホーツク地域に新しい物語が生まれることを応援するものです。

 

OMFCが目指す方向

OMFCは今後以下のような取組みを行っていきたいと考えています。

市民参画・市民主導の活動
当地域では、映像以外の芸術文化に対する活動は既に執り行われており、今後はFCを含めた総合的な取組みが望まれることから、そのためには市民や民間が主体となった斬新なイベント企画、そして実践を目指します。

映像関係者とのネットワーク
国内外の映像関係者との関わりから、それら事業ノウハウ、技術を習得し、地域住民の人材育成に結びつくような仕組みを構築するとともに、その後においても各種アドバイスを受けるなど、映像関係者との交流・協働ネットワークにより、地域産業の活性化を図ります。

行政の積極的な連携
ロケーションには、許認可等の手続きなど、民間では経験のないノウハウ等を含め行政のバックアップが必要となります。
そのためFCの趣旨を共に理解した上で、必要な要請を行政に行うとともに、住民、民間、行政のパートナーシップを図っていきたいと思います。